ディズニーランドが電子マネーに対応!子供でも使える電子マネーは交通系電子マネー(Suica等)

ディズニーランドが2018年11月5日から電子マネーのSuica、iD、QUICPay、QUICPay+に対応しました。

電子マネーはパーク内で利用できますか?

(ID:10273)

11月5日より、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのショップ、レストランでは下記の電子マネーをご利用いただけます。

<ご利用いただける電子マネー>
・QUICPay/QUICPay+
・iD
・交通系IC(Suica/Kitaca/PASMO/manaca/TOICA/ICOCA/はやかけん/nimoca/SUGOCA)

※上記以外の電子マネー(楽天Edy/nanaco/WAON/PiTaPa 等)はご利用いただけません。
※主要クレジットカードのブランドマークが入っているau WALLETはプリペイドカードとしてご利用いただけます。

<ご利用いただけないショップ、レストラン>
・バルーンベンダー
・光るグッズを販売しているワゴン
・ワゴンスタイルのレストラン(ポップコーンワゴン、アイスクリームワゴンではご利用いただだけます)

※ショップ、レストラン以外ではご利用いただけません。

<ご購入いただけないもの>
・切手、ギフトカード、フードバウチャー(食事券) 等

 
 
 

電子マネーに対応したということは、FeliCa対応のスマホ一つでディズニーパーク内を歩けてしまうということですね。ディズニーランドがウォーキングコースという芸能人も歓喜でしょう。

これまでも、クレジットカードやデビットカード、ブランドプリペイドカードが利用できましたが、スマホ決済に慣れると、財布を出さなくていいのは本当に楽ですね。

ディズニーランドといえば修学旅行先としてや卒業旅行先として大変人気です。子供でも利用できる電子マネーをピックアップしてみました。

スポンサーリンク

12歳未満で使える電子マネーは?

QUICPay/QUICPay+、iD、交通系ICのうち、12歳未満で使える電子マネーは、交通系電子マネーが最も作りやすいです。

おこづかいQUICPay、Apple PayのQUICPay、Google PayのQUICPayについては…

おこづかいQUICPayは親のカードに紐付けないといけないのと、おサイフケータイ端末が必要です。

Apple PayやGoogle Payを利用するためのアカウントは基本13歳以上からなので、こども用アカウントでも利用できるかは未確認です。

小児用交通系電子マネーの作成は身分証と現金のみ

SUICAやPASMOを利用したまもレールのサービス内容 | 子ども見守りサービス【まもレール】より引用

モバイルSuicaは大人用しかありませんので12歳からしか持つことができないとされていますが、記名式Suicaには大人用と小児用が存在し、12歳未満でも利用することができます。

  • 「こども用Suica」は、Suicaエリア(首都圏エリア・仙台エリア・新潟エリア)内にある、JR東日本の駅のみどりの窓口でご購入ください。なお、ご購入の際には、ご利用になるお子さまの本人確認ができるもの(保険証等)をご用意ください。ご家族の方が代理でご購入いただくこともできます(代理の方がご購入の場合も、お子さまの本人確認をできるものが必要です)。
  • 「こども用My Suica」「こども用Suica定期券」および「小児用PASMO」は、いずれか1枚しかお持ちいただけません。

My Suica(記名式)・Suicaカードの購入|購入方法|Suica:JR東日本より引用

記名式Suicaを作成すれば、小児料金の年齢なら、小児料金で電車に乗れるSuicaとなります。

記名式Suicaの作成は、保険証やパスポート等の身分証と、1000円が必要です。(デポジット500円+チャージ分500円)

デポジット500円とはカードの預り金です。残高を空にして窓口へSuicaカードを返却したときに500円が返還されます。

パスポートで作成できるのであれば、外国人観光客の子供も作成できるんじゃないかなと思いました。電車に乗るならあったほうが便利だと思います。

大人運賃用は記名式でなくてもOK、券売機で買えます。子供でも、運賃を電子マネーを使わずに切符で払うというのであれば券売機で買える無記名式でもOKです。

でもカードを紛失した時のことを考えると、記名式をおすすめします。再発行できますから。

SuicaでなくてもSuicaと互換性のある交通系電子マネーならなんでもOK

manacaの種類 – manaca・MEITETSU μ’s Card | 名古屋鉄道より引用

交通系電子マネーが使えるところでは、Suicaと互換性のある、Kitaca/PASMO/manaca/TOICA/ICOCA/はやかけん/nimoca/SUGOCAが利用できます。

中部地区の記名式manaca小児用や、関西地区のこどもICOCAがそのまま利用できます。

ICOCA|きっぷ・ICカード|電車・駅のご案内|京阪電気鉄道株式会社より引用

個人的にはイコちゃんがかわいいと思います。(Suicaのペンギンも好き)

ディズニーリゾートで交通系電子マネーがチャージできる場所は?

ディズニーリゾート内に電子マネーチャージ機が設置されるかどうか現状では分かりません。

交通系電子マネーはJR舞浜駅でチャージできます。

またディズニーリゾートラインの券売機でもチャージできます。(カードタイプのみ)

ヒルトン東京ベイ内のコンビニ生活彩家でもチャージができます。

※交通系電子マネーのチャージ上限は20000円です。

15歳未満で持てる電子マネーは?

13歳以上になると、持てるブランドプリペイドカードが増えたり、Apple PayやGoogle Payが使えるようになります。

Apple Payやおサイフケータイ対応端末を持っていれば、交通系電子マネーのSuica(モバイルタイプ)が利用できます。

※対応端末を持っていなくてもカードタイプの交通系電子マネーは使えます。

dポイントを貯めている人であれば、dカードプリペイド付帯のiDが利用がおすすめです。dカードプリペイドは12歳から作成できます。

交通系電子マネーは一部の加盟店でしかポイントを貯めることができませんが、dカードプリペイドはどこで利用しても利用金額の0.5%のdポイントを貯めることができます。

dカードプリペイドはApple Payに登録することもできます。iDとして利用できます。

還元率をもっとこだわるなら、Kyash VISAカードがおすすめです。利用金額の2%がチャージバックされます。おサイフケータイ端末があれば、Google PayでQUICPayとして利用できます。

まとめ

ディズニーリゾートをキャッシュレスで楽しむには…?

  • 交通系電子マネーを持っていればOK。
  • 還元率にこだわりたいなら、電子マネーでなくKyash VISAカードを利用
  • 還元率&スマホ決済にこだわりたいなら、Kyash VISAカードを登録したGoogle PayのQUICPayを利用
  • 還元率&スマホ決済にこだわりたいけどiPhone派なら、dカードプリペイドを登録したApple PayのiDを利用

スポンサーリンク
スポンサーリンク